日本でいま大きな問題になっているのが、少子高齢化です。高齢者が増える一方で、それをお世話する子供が減っているという危機的な状況です。これが進んでいくと、いずれは介護や看護の担い手も減っていきます。今でもすでに、看護師などの高齢者をお世話する人材は不足しています。しかも、看護師は看護師資格が必要なのですぐに増員することができません。これが何年も前から慢性的に続いて人材不足が深刻になっています。そこで注目されているのが、看護助手の存在です。看護師や医師をバックアップする仕事で、資格が必要ないので誰でも転職することが可能です。看護助手の仕事をしながら看護師資格を取得しようとしている人もいます。ここでは、看護助手に転職するメリットについて見ていきます。

すぐに就業できるというメリット

看護助手に転職すると、すぐに仕事を始めることができます。看護関連の仕事をしたことがなくても、求人を出している職場の書類審査や面接に通れば、すぐに就業可能です。まったく経験がない場合には研修などを受ける必要がありますが、内容はそれほど専門的ではないので、未経験でも大丈夫です。看護師の場合は看護学校に通って免許を取得しなければ働くことができませんが、看護助手ならやりたい時に仕事を始めることができます。看護関連の仕事をしてみたいけれども、看護学校に通う余裕がなかったという人にはメリットが大きいです。看護師は長時間のハードワークが基本ですが、看護助手は短時間でも働くことができる職場もあるので、プライベートも充実させたいという人でも働きやすい環境です。

介護系の仕事のキャリアアップに役立つ

看護助手がお世話をする相手は、高齢者が多いです。そのため、介護分野での仕事も多いです。そのため、看護助手として働きながら介護分野へキャリアアップする人も増えています。例えばホーム介護分野の資格のヘルパー2級の資格を取得するには、規定時間の講習を受けて、さらに実務期間を経る必要があります。その際の実務として看護助手という働き方を選ぶ人もいます。他にも介護福祉の仕事も看護助手の経験が活かせます。介護資格の資格取得のために勉強しているだけだと、資金不足になってしまいます。しかし、看護助手として働いていれば介護の勉強を現場ですることができますし、さらに給料としてお金を受け取ることができます。勉強の資金を稼ぎながら、勉強もできるので、介護仕事のキャリアアップには一石二鳥です。