看護助手への転職は近くの施設に確認してみるのも手です。この理由に関しては、介護などの現場、また看護などの現場では、基本的に人手不足となっているために、人手が欲しいと思いながらも、求人を出すまでに現場が間に合っていない、という状況があるためです。そのため、実際に近くの施設でこのような人手が欲しいと考えている場合でも、求人の掲載がされていないことがあるため、電話などで確認をしてみると、意外にもお仕事を募集している、ということがあります。そのため、近くの施設に問い合わせなどをさせていただくことは悪いことではありません。特に現在は、社会問題ともなっているほどに、人手不足が深刻化しているのが、看護・介護の分野ですから、希望をすれば喜んでいただけるケースもあります。

看護助手の仕事選びの際に気を付けること

看護助手のお仕事をされる際に気を付けるべき点としては、まずは転職先として、受け入れる側の病院または施設が、「正規の社員」として雇用をしているか、それとも派遣またはアルバイトとして求人を出しているのか、という点です。こちらに関しては、多くの場合がアルバイトとなっていますが、それでも中には、稀に正規の職員さんとして募集をしているところもあるため、転職をされる際には、このことを十分に確認してから、お仕事先を見つける方が利点は大きいです。その理由に関しては、正規の職員さんと臨時の職員さんでは、社会的にも扱いが違うため、例えば銀行などのクレジットカードなどを作る際にも、正規の職員さんの方が、審査が通りやすい、などの利点があるとされています。また、家のローンなどを組む際にも非正規かまたは正規か、という点でも大きく対応などが異なってくる、とされています。

看護助手のおおよその給与について

看護助手の給与については、おおよそ、時給にすると800円前後のところが多い、とされています。これは、お住まいの地域などによっても、また施設などによっても多少異なりますが、おおよそ800円前後が相場とされている金額です。また、正規で看護助手の仕事を募集している病院などの場合には、ボーナスなどがもらえるため、利点がありますが、多くのケースでアルバイトとしての募集、または派遣としての募集、という施設などが多いです。ただ、同時に、大変に需要があるお仕事であるため、一日に数時間でもいいので来てほしい、とかなり求人があるお仕事であるため、転職先の一つとしては、大変に仕事が決まりやすい現場でもあります。また、子育ての合間に仕事をされる方も多く、その点では給与はそれほど低くなく、仕事も見つけやすいため利点がある、とも言えます。